リヨン日本人会短歌クラブ
by リヲンのつばさ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
リヨン短歌賞
歌会報告
連絡
リヲンのつばさ会員紹介
未分類
以前の記事
2017年 09月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
記事ランキング
最新の記事
2017年 第5回リヨン短歌..
at 2017-09-14 00:35
題18回歌会報告(2013年..
at 2013-12-31 10:21
第17回歌会報告(2013年..
at 2013-12-31 08:48
10月歌会勉強会作品集
at 2013-11-03 01:30
第16回歌会報告(2013年..
at 2013-11-03 00:43
メモ帳
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧

7月歌会・勉強会作品集

みなさまの作品集に続き、歌会・勉強会の推薦歌のご紹介です。

今月も題詠の「野」を使った歌が多く紹介されています。

みなさま、どうぞご鑑賞ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

推薦歌

曼珠沙華ひたくれなゐに咲き騒(そ)めく野を朗かに秋の風吹く(伊藤左千夫)   I.M.選 

夏の風山よりきたり三百の牧の若馬耳ふかれけり (与謝野晶子) V.R.選

かんがへて飲みはじめたる一合の二合の酒の夏のゆふぐれ (若山牧水)  Y.K.選 

針の穴一つ通してきさらぎの梅咲く空にぬけてゆかまし (馬場あき子) Tsu.H.選 

ことば、野にほろびてしづかなる秋を藁うつくしく陽に乾きたり (高野公彦) I.I.選

熟すまま来世紀まで寝かしおく葡萄酒千本そして恋人  (松平盟子) Te.H.選 

うちいでて鶺鴒あをし草深野一万人の博士散歩す (坂井修一) H.T.選

終バスにふたりは眠る紫の「降りますランプ」に取り囲まれて (穂村弘)
M.Y.選

ふらんす野武蔵野つは野紫野あしたのゆめのゆふぐれのあめ   (紀野恵) M.M.選

かなしみをたれかしづめゐむ夕ぐれの鳥籠に布をかくるごとくに(横山未来子) Y.Y.選 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてみなさま、ヴァカンスはどちらで過ごされるのでしょうか。

海で、山で、または日本で、のんびりしながら、いろいろな歌人の歌に触れて
みたいものですよね。

よい休暇をお過ごしください。

M.M.
by tankalyon | 2013-07-15 18:42 | 歌会報告