リヨン日本人会短歌クラブ
by リヲンのつばさ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
リヨン短歌賞
歌会報告
連絡
リヲンのつばさ会員紹介
未分類
以前の記事
2017年 09月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
記事ランキング
最新の記事
2017年 第5回リヨン短歌..
at 2017-09-14 00:35
題18回歌会報告(2013年..
at 2013-12-31 10:21
第17回歌会報告(2013年..
at 2013-12-31 08:48
10月歌会勉強会作品集
at 2013-11-03 01:30
第16回歌会報告(2013年..
at 2013-11-03 00:43
メモ帳
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧

8月歌会報告・追記

リヲンのつばさのみなさま

8月歌会の追加報告です。

『その他の作品』の最初の歌のご説明をさせていただきます。

以下に作者からの説明をコピーしますのでご覧ください。


この歌は、全部 『アイ』 と読んでもらうのですが、最初のアルファベットの大文字の "I"  最後の小文字の "i" の表記が抜けていました。
これが抜けると、私個人としては歌の意味に少々問題が起こります。色々な 『アイ』を経て、大きな自己、エゴ、『私』が『アイ』によって緩んで行く過程を詠ったものです。映像変化的な歌です。(これは本人の言い分なので お読みになった方々がどのように取られるかは自由です)

I 遇い 逢い   相 開い 藍 哀  遭い 間 挨   飽い 瞹 空い 合い   合 愛 会い i



みなさま、これで歌会での疑問が解けたことと思います。
アイの音だけで、こんな意味があったのですね。

Kさん、ご説明頂きましてありがとうございました。

他の方も、歌会に欠席されたものの、ご自分の歌の説明をしたいなどありましたら、ご連絡ください。
また、感想などはコメント欄にもお気軽にお寄せください。

では、9月の歌会を楽しみに。

引き続き良いヴァカンスをお過ごしください。

M.M
by tankalyon | 2012-08-15 21:21 | 歌会報告